ブリスベンで感じたカルチャーショック TOP 5

top 5cultural shock in Brisbane

ブリスベンで感じたカルチャーショックについてあげてみようと思う。

イギリスから来たので、同じ英語圏だし、
コモンウェルスのうちの一つなので何となくイギリスと似ている感覚かなー。
という感じですが、それでもやはり違いますね。。。

第5位 バーベキュー文化。

まぁこれは移住前に来た時にも経験しましたが、やはりオージーとBBQは切り離せない文化ですね。みんなBBQ大好き、日本人のみんなで囲む鍋料理が好き、みたいな感じでしょうかね。

しかし肉続きだとちとつらくなる時もありますが…。

第4位 お役所系・銀行系がスロー。

うーん、こちらに引っ越してきたばかりでいろいろ銀行など手続きしましたが、
銀行とかお役所とか、もうかなりスロー。銀行のアプリはかなり斬新だけど、
振込・トランスファーの時間が遅い。。。郵便も遅い。。。

第3位 お店の人がみんなフレンドリー。

お店の人も、普通にすれ違う人もとにかくフレンドリー。
ロンドンでは客を客として扱わない小売店などで慣れた私には
この純粋な、Genuineなやさしさに感動。とにかくよく声をかけてきてくれて、
探しているものとか、困っていないか、声をかけてくれて
カスタマーサービス度はかなりイイ。わざとらしくなく、
本当に親切にしたい、という意思が感じられるヘルプをしてくれるのは心地いいですね。
ロンドンでは基本的にお店の人から話しかけてこないしね、まず。。。

第2位 レジで買い物したものをレジの人が袋詰めしてくれる!

いやー、ロンドンのスーパーのレジで次の客のプレッシャーを感じながら買い物袋を早業で詰める作業の日々はもうどこへやら。。。日本では袋詰めは普通だけど、ロンドンに慣れた身で、こちらに来たばかりの時はもうああーーー買い物の時のレジ会計が楽だわ~!!と開放感に浸れたものです。(今は詰めてもらうのに慣れてきましたけどね。。。セルフレジももちろんあります。)

ボーイズが生まれてからはロンドンでもだいぶネットで買い物をするようになったので
実際にスーパーでたくさん買い物はしなくなりましたが、それでも
こちらで買い物袋、マイバッグを差し出せばちゃんと袋詰めしてくれる!!感動~。。。
自分で買い物の内容を詰めなくていいって素晴らしいわーーー。

第1位 裸足で歩いている人がいる!!

これはもう最高にびっくり。
文字通り、靴はいてないんです!!

ショッピングモールで友達はよく見かけるというのですが、
私はまだ2度くらいしか見かけていませんが、一度は普通の道を(多分自分の家の近所だと思うけど)、もう1回はブリスベン市内CBDで、若い人のグループで、一人だけ
本当に裸足で街中を歩いているのですよ。。。いたって普通の身なりの人で、はだしで歩いていても全く痛くない様子。。。モールの中なら冷たくて気持ちいいかもしれないけれど、
普通の街中ってガラスとか落ちてたら痛くない~?

子供も砂のある公園やビーチではすぐ裸足になりたがりますが、これも小さいときからの足の裏の皮が強化されているのでしょうかね。。。家の近所ならまだしも、CBDの街中のど真ん中で裸足ってさーーーー。痛くないの?痛いもの踏んじゃったらどうするの?といらぬ心配をする私。靴はこうよ。。。これにはほんとにびっくりしました。

これがブリスベンだけなのか、オーストラリアのほかの街でも見られる光景なのかはまだ不明ですが…。

 

新しいスキル

こちらに来て早くも1か月以上がたちました。

海外に住む国としては何か国目だろう、日本以外に台湾、アメリカ、タイ、イギリスと来たので、いろんな地域を経験してはいるけれど、ブリスベンは感覚的に沖縄に近い。旦那も沖縄とブリスベンは感覚的に似てると。

つい2年ほど前に親が東京から沖縄に移住した時には
わが親ながらすごい行動力だな、と思ったものだが(特に友達もいないのにいきなり移住)
それに比べれば今回のブリスベンへの引っ越しはこれまでの
海外住まいに比べて難易度はやや低いかな。。。

その理由としては:

1)今までは自分一人での引越しだったけど(タイは両親も先に移住してたから一人ではなかったけど)今回は旦那の出身の国ということもあり、一人じゃない。義家族もいて助かる。

2)義父のところにお世話になっていて、これがまたいろんな意味で非常に助かる。場所も便利なところだし、今までロンドンで旦那も私も家族がいないところに住んでいたところから
家族がいるところに住むというのは本当に家族サポートが得られて助かる。

海外在住歴もかれこれ15年以上になるし、同じ英語圏だし、イギリス⇒オーストラリアの
移行はなんとなく似てるところもありながら、違うところもありつつ、
今のところはスムーズに落ち着いているかな。カルチャーショックの部分もいくつかあるけれど、それはまた別エントリーで書いてみようと思います。

さて、この過去1か月少しで学んだスキルを振り返ってみたいと思います。

①時速60キロが基本の運転スピードに慣れるスキル。
⇒ロンドンにいるときもたまに運転はしていたけれど、ロンドンのほとんどの道は
時速20マイル限度。キロに直すと時速30キロまで。2倍の速さのスピード、運転だってまだベーシックな街中での運転がメインだっただけに、慣れるまで少し時間がかかった。

②上記と似ているけれど車社会に適応するスキル。
いまだにちょっと外に歩いていきたーーーーい!という衝動にかられます。
が、本当に車社会のこちらでは車がないとなんもできません。
そして昼間は今のところ夏の季節なので30度を超える日が多く、
太陽の日差しも多いし、歩いても何もない住宅エリアに住んでいます。
最寄りスーパーは車で3分くらいだけど、歩いたら20分くらい 10分くらい(実際今日歩いてみたら意外に近かった)かかります。

ロンドンのStoke Newingtonに住んでいた時は家から30秒のところにレストランやカフェ、オーガニック食材屋さんなどあったので、本当に恵まれてたところにあったなぁ…。

③日陰スポットを見つけるスキル
連日暑いので、日陰スポットに駐車したりするのはかなり生活必需スキル。

skills

 

まだ習得していないけれどこれから上達するであろうスキル。

1)ビーチ遊びスキル上達か!?⇒先日サンシャインコーストに行ったときにローカルの人に比べて準備レベルが全くなっておらず、ほかの人のビーチ遊びグッズを横目に見ながら、ん~、次はこれが欲しいね。とショッピングリストにメモメモ。

次回ビーチ行くまでにはいろいろ揃えてからビーチ遊びがしたいな。パラソルとかアイスボックスを持ってったり。。。

2)子供を連れて、日陰スポット・インドアアクティビティスポットを見つけるスキル。。。オーストラリアの公園のレベルには脱帽しますが、日よけがあるところもあるし、自然の森などでも自然の日陰になるし、暑くても日陰スポットをリサーチリストに
あげられれば、ボーイズを連れての外出レパートリーが増えるかな、と。

親が沖縄に引っ越して、暑いわーーー、と言っていた気持ちがよくわかるようになりました。
特にロンドンの夏らしい夏のない生活からいきなり湿度が高い夏のあるトロピカルな気候への対応はしばしかかります。

そしてボーイズに至っては、毎日暑すぎてパンツも脱いで裸族な日々が続き、
一度洋服を着てもすぐ脱いでしまうという、そして出かけるたびにまた服を着せなければならないという二度手間が一日のうちに数回…。来週からナーサリーなのですが、
そこは冷房はきいていると思うので、全裸にならないように厳しくしとかないと(と言ってきく年ごろでもないのが疲れますが…)