バイリンガルで育つ・育てる

今日はバイリンガル・語学習得について書いてみようと思う。

私は日本語・中国語のバイリンガル環境で育ったのだけど、
環境としては日本に住み、ほぼ日本人として普通に学校に行き、
普通と変わらず生活していて、ただ家では母親とは中国語、たまには日本語と中国語をごちゃまぜ(1文の中でも『我(Wo)は、これが喜歓(xi huan)なのよねぇ』※私はこれが好きなのよねの意味。とごちゃまぜて話すこともある)で話し、母親にちゃんとどちらか話すんだったら話しなさい、とよく怒られてたな。。。

そして小さい頃は一年に一度くらいは台湾の親戚のいとこやおばあちゃんに会いに行ったり、ある程度中国語サマースクールみたいなのに通っていたくらいかな。だから発音だけは良かった。話すのも普通に会話できる程度だった。

これがまぁ今自分が子供にもバイリンガル、
できればトリリンガルにしたい野望もあるので、自分もバイリンガル環境で
育ったことは、それはそれで役に立って良かったなと思う。

というのも自分が子供に対してこれは効果があるとか、
自分が経験したから、きっと少しは子供の気持ちもわかる気がするので、
これまでの経験を生かせるのでは?と思うのだ。

個人的に語学の習得に関しては、自分でも学ぶのが好きだったし、得意な方だったので、
今の自分を作り上げている大事なアイデンティティのうちの一つだと思う。
言葉が多く話せることって、人生の中でかなり役に立つと思うよ。

今の時代、たくさんの言葉を話せる人も昔に比べていっぱいいるしね。
自分の母国語以外に何か国語話せるか、というのは、
読める・理解できる情報により多くリーチできるという点では、本当に世界が広がるので、
やっぱり語学ができたほうがいい。

海外に住まなくても、情報収集の点では海外サイトで買い物したり、調べものしたり、やっぱり何かと便利だと思う。

さて私の話せる語学プロフィールとレベルは、

日本語:母国語レベル
英語:ネイティブに対して英語で、異文化コミュニケーションなど講義できる仕事レベル・旦那や義家族と意思疎通し、また英語圏の生活に支障はないレベル
中国語:発音はネイティブに近い、ので外国人が話しているとは思われない。
ロンドンに引っ越した12年前までは中国語のほうが自分の中で第二外国語として英語よりも強かったが今は中国語は第3外国語に成り下がってしまった感がある。
台湾語:福建語ともいうが、私のおばあちゃんと会話するために、昔頑張った。母親が台湾語の台湾ドラマや京劇ドラマなどもよく見ていたから、聞くのはだいたいわかる。話すのも日常会話が続けられる程度。
タイ語:もう今はすっかりすたれてしまったけれど、まったく新規で習った言語である。語学スクールに通わず、本当に耳だけで、あとは実戦で覚えたので、グラマーもよくわからないし、本も開いたことないけど、耳で覚えた分、発音は上手だという自負がある。だいたいタイマッサージ屋さんに行くと、マッサージの人と会話したり、その人が話している内容を理解できる。

 

なので、一応日・英・中を話せるということでは、トリリンガルのカテゴリに入るとは思うけど、英語に関しては、大人になってから、そして海外在住して過去15年の間に飛躍的に上達したので、簡単にトリリンガルでーす☆とは言えない気もするが。

英語はあとから自力で学んだ感が強い言語でもトリリンガルにカウントされるのだろうか?
まあ一応3か国語は自由に話せる言葉があるというのだからカウントできるのだろうけど、
そこまでの道のりはね、やはりバイリンガルのお子様を育てているお父様、お母様もよくご存知かもしれませんが、そう簡単じゃないですよねーーーー。本人もちゃんと努力しないとさ、
何事もそうだけど、ある程度のところまで達成できないのよね。

昔はよく、りえちゃんはいっぱい言葉が話せていいわねー。と羨ましがられた記憶があったけど、そんな言葉なんてさ、自然にできるもんじゃないよ、と言いたい。
母国語でも、外国語でも、ボキャブラリーの意味を覚えるまでは何回も聞いたりさ、
発音違ってるよ、って笑われたりさ。そりゃー話せるようになるまでみんな苦労してんだよね。

普通に日本の大学に行って、在学中にアメリカ留学5か月間して、そしてまた在学中に1年台湾に留学していたのだけど、おそらく私の中国語がちゃんとモノになったのは、台湾の大学に1年、現地生として留学した時だったな。

今まで何となくスピーキングとリスニングはできてたけど、大学レベルで、教科書やエッセイなどを書くとかなって、もっと高度な中国語を学んだ時、テレビのニュースキャスターがしゃべっているのが理解できるようになった時、あ、自分の語学が上達した、というのを実感した気がする。あとは食べたい食堂で注文したいメニュー名が理解できるようになった時。かな。留学したての時は、漢字ばかりのメニューで、これ一体何なんだろう。。。と留学生同士で、食事をするにもしばらくメニューとにらめっこしてたよな。。
さすがに感じだから鶏肉とか牛肉とか内容は何となくわかったけどさ。。。

とにかく、自分がバイリンガルで育った経験を生かせるように、
ボーイズにも頑張ってもらいたいのぅ。

ということで、このトピック、また今度に続きます。

ロンドンからの船便到着

今日は待ちに待ったロンドンから引っ越してきた船便が到着する日!

10月末にロンドンを経て、船便で約2か月と少し、意外に早く到着しました。

今は義父の家に居候しているので、一番心待ちにしていたのは
うちの冷蔵庫が届くこと!

義父と合計5人分の食料を、これまでの義父の一人用(といっても普通サイズの冷蔵庫)のものに比べたら、やっぱり前の使い慣れたファミリーサイズの大きな冷蔵庫が恋しい~。

ということで、サブとして冷蔵庫が来るのが一番助かりました。

これであっという間に消費する牛乳も買いだめできる。。(みんなの牛乳消費スピードは半端ない…)

という感じで、船便到着ーーー!

shipping

ロンドン生活の最後は私たちが先に沖縄に行き、旦那が残って業者がすべてパッキングしてくれたので、箱のリストにキッチン用具とか、おもちゃとか書いてあるけれど、
実際に何が入っているか忘れているので、なんだか自分あてのクリスマスプレゼントを
開ける感じで、ワクワクしてました。。。しかも梱包もちゃんとしてくれてて良かった。

そして狙ったものがありますように!と願いながら箱を開けて、
ちっ、これか!というのがあったり、
おおーーー、そういやこんなのもあったわー!とうひゃー☆と喜んだり。

ボーイズも保育園から帰ってきて山積みの箱をみてはきゃははと喜び、
自分のしばらく遊んでいなかったおもちゃたちとの再会にかなり盛り上がっていました。

やっぱり自分の使い慣れたものが手元にあるといいですよね~。
なんか新しい土地で、住み慣れた自分の家を離れて、やっぱり
使い込んだ自分のものに触れると、心がホッとするなぁ…。

そして冷凍庫のスペース!!これでアジア食材もいろいろ買い込めるわ~♪
いろいろ冷凍食品も買えるわ、ワクワク…☆

新しいスキル

こちらに来て早くも1か月以上がたちました。

海外に住む国としては何か国目だろう、日本以外に台湾、アメリカ、タイ、イギリスと来たので、いろんな地域を経験してはいるけれど、ブリスベンは感覚的に沖縄に近い。旦那も沖縄とブリスベンは感覚的に似てると。

つい2年ほど前に親が東京から沖縄に移住した時には
わが親ながらすごい行動力だな、と思ったものだが(特に友達もいないのにいきなり移住)
それに比べれば今回のブリスベンへの引っ越しはこれまでの
海外住まいに比べて難易度はやや低いかな。。。

その理由としては:

1)今までは自分一人での引越しだったけど(タイは両親も先に移住してたから一人ではなかったけど)今回は旦那の出身の国ということもあり、一人じゃない。義家族もいて助かる。

2)義父のところにお世話になっていて、これがまたいろんな意味で非常に助かる。場所も便利なところだし、今までロンドンで旦那も私も家族がいないところに住んでいたところから
家族がいるところに住むというのは本当に家族サポートが得られて助かる。

海外在住歴もかれこれ15年以上になるし、同じ英語圏だし、イギリス⇒オーストラリアの
移行はなんとなく似てるところもありながら、違うところもありつつ、
今のところはスムーズに落ち着いているかな。カルチャーショックの部分もいくつかあるけれど、それはまた別エントリーで書いてみようと思います。

さて、この過去1か月少しで学んだスキルを振り返ってみたいと思います。

①時速60キロが基本の運転スピードに慣れるスキル。
⇒ロンドンにいるときもたまに運転はしていたけれど、ロンドンのほとんどの道は
時速20マイル限度。キロに直すと時速30キロまで。2倍の速さのスピード、運転だってまだベーシックな街中での運転がメインだっただけに、慣れるまで少し時間がかかった。

②上記と似ているけれど車社会に適応するスキル。
いまだにちょっと外に歩いていきたーーーーい!という衝動にかられます。
が、本当に車社会のこちらでは車がないとなんもできません。
そして昼間は今のところ夏の季節なので30度を超える日が多く、
太陽の日差しも多いし、歩いても何もない住宅エリアに住んでいます。
最寄りスーパーは車で3分くらいだけど、歩いたら20分くらい 10分くらい(実際今日歩いてみたら意外に近かった)かかります。

ロンドンのStoke Newingtonに住んでいた時は家から30秒のところにレストランやカフェ、オーガニック食材屋さんなどあったので、本当に恵まれてたところにあったなぁ…。

③日陰スポットを見つけるスキル
連日暑いので、日陰スポットに駐車したりするのはかなり生活必需スキル。

skills

 

まだ習得していないけれどこれから上達するであろうスキル。

1)ビーチ遊びスキル上達か!?⇒先日サンシャインコーストに行ったときにローカルの人に比べて準備レベルが全くなっておらず、ほかの人のビーチ遊びグッズを横目に見ながら、ん~、次はこれが欲しいね。とショッピングリストにメモメモ。

次回ビーチ行くまでにはいろいろ揃えてからビーチ遊びがしたいな。パラソルとかアイスボックスを持ってったり。。。

2)子供を連れて、日陰スポット・インドアアクティビティスポットを見つけるスキル。。。オーストラリアの公園のレベルには脱帽しますが、日よけがあるところもあるし、自然の森などでも自然の日陰になるし、暑くても日陰スポットをリサーチリストに
あげられれば、ボーイズを連れての外出レパートリーが増えるかな、と。

親が沖縄に引っ越して、暑いわーーー、と言っていた気持ちがよくわかるようになりました。
特にロンドンの夏らしい夏のない生活からいきなり湿度が高い夏のあるトロピカルな気候への対応はしばしかかります。

そしてボーイズに至っては、毎日暑すぎてパンツも脱いで裸族な日々が続き、
一度洋服を着てもすぐ脱いでしまうという、そして出かけるたびにまた服を着せなければならないという二度手間が一日のうちに数回…。来週からナーサリーなのですが、
そこは冷房はきいていると思うので、全裸にならないように厳しくしとかないと(と言ってきく年ごろでもないのが疲れますが…)