バイリンガルで育つ・育てる

今日はバイリンガル・語学習得について書いてみようと思う。

私は日本語・中国語のバイリンガル環境で育ったのだけど、
環境としては日本に住み、ほぼ日本人として普通に学校に行き、
普通と変わらず生活していて、ただ家では母親とは中国語、たまには日本語と中国語をごちゃまぜ(1文の中でも『我(Wo)は、これが喜歓(xi huan)なのよねぇ』※私はこれが好きなのよねの意味。とごちゃまぜて話すこともある)で話し、母親にちゃんとどちらか話すんだったら話しなさい、とよく怒られてたな。。。

そして小さい頃は一年に一度くらいは台湾の親戚のいとこやおばあちゃんに会いに行ったり、ある程度中国語サマースクールみたいなのに通っていたくらいかな。だから発音だけは良かった。話すのも普通に会話できる程度だった。

これがまぁ今自分が子供にもバイリンガル、
できればトリリンガルにしたい野望もあるので、自分もバイリンガル環境で
育ったことは、それはそれで役に立って良かったなと思う。

というのも自分が子供に対してこれは効果があるとか、
自分が経験したから、きっと少しは子供の気持ちもわかる気がするので、
これまでの経験を生かせるのでは?と思うのだ。

個人的に語学の習得に関しては、自分でも学ぶのが好きだったし、得意な方だったので、
今の自分を作り上げている大事なアイデンティティのうちの一つだと思う。
言葉が多く話せることって、人生の中でかなり役に立つと思うよ。

今の時代、たくさんの言葉を話せる人も昔に比べていっぱいいるしね。
自分の母国語以外に何か国語話せるか、というのは、
読める・理解できる情報により多くリーチできるという点では、本当に世界が広がるので、
やっぱり語学ができたほうがいい。

海外に住まなくても、情報収集の点では海外サイトで買い物したり、調べものしたり、やっぱり何かと便利だと思う。

さて私の話せる語学プロフィールとレベルは、

日本語:母国語レベル
英語:ネイティブに対して英語で、異文化コミュニケーションなど講義できる仕事レベル・旦那や義家族と意思疎通し、また英語圏の生活に支障はないレベル
中国語:発音はネイティブに近い、ので外国人が話しているとは思われない。
ロンドンに引っ越した12年前までは中国語のほうが自分の中で第二外国語として英語よりも強かったが今は中国語は第3外国語に成り下がってしまった感がある。
台湾語:福建語ともいうが、私のおばあちゃんと会話するために、昔頑張った。母親が台湾語の台湾ドラマや京劇ドラマなどもよく見ていたから、聞くのはだいたいわかる。話すのも日常会話が続けられる程度。
タイ語:もう今はすっかりすたれてしまったけれど、まったく新規で習った言語である。語学スクールに通わず、本当に耳だけで、あとは実戦で覚えたので、グラマーもよくわからないし、本も開いたことないけど、耳で覚えた分、発音は上手だという自負がある。だいたいタイマッサージ屋さんに行くと、マッサージの人と会話したり、その人が話している内容を理解できる。

 

なので、一応日・英・中を話せるということでは、トリリンガルのカテゴリに入るとは思うけど、英語に関しては、大人になってから、そして海外在住して過去15年の間に飛躍的に上達したので、簡単にトリリンガルでーす☆とは言えない気もするが。

英語はあとから自力で学んだ感が強い言語でもトリリンガルにカウントされるのだろうか?
まあ一応3か国語は自由に話せる言葉があるというのだからカウントできるのだろうけど、
そこまでの道のりはね、やはりバイリンガルのお子様を育てているお父様、お母様もよくご存知かもしれませんが、そう簡単じゃないですよねーーーー。本人もちゃんと努力しないとさ、
何事もそうだけど、ある程度のところまで達成できないのよね。

昔はよく、りえちゃんはいっぱい言葉が話せていいわねー。と羨ましがられた記憶があったけど、そんな言葉なんてさ、自然にできるもんじゃないよ、と言いたい。
母国語でも、外国語でも、ボキャブラリーの意味を覚えるまでは何回も聞いたりさ、
発音違ってるよ、って笑われたりさ。そりゃー話せるようになるまでみんな苦労してんだよね。

普通に日本の大学に行って、在学中にアメリカ留学5か月間して、そしてまた在学中に1年台湾に留学していたのだけど、おそらく私の中国語がちゃんとモノになったのは、台湾の大学に1年、現地生として留学した時だったな。

今まで何となくスピーキングとリスニングはできてたけど、大学レベルで、教科書やエッセイなどを書くとかなって、もっと高度な中国語を学んだ時、テレビのニュースキャスターがしゃべっているのが理解できるようになった時、あ、自分の語学が上達した、というのを実感した気がする。あとは食べたい食堂で注文したいメニュー名が理解できるようになった時。かな。留学したての時は、漢字ばかりのメニューで、これ一体何なんだろう。。。と留学生同士で、食事をするにもしばらくメニューとにらめっこしてたよな。。
さすがに感じだから鶏肉とか牛肉とか内容は何となくわかったけどさ。。。

とにかく、自分がバイリンガルで育った経験を生かせるように、
ボーイズにも頑張ってもらいたいのぅ。

ということで、このトピック、また今度に続きます。

String Symphonyやってみたよ

さて、先日はニューファームにあるBrisbane Powerhouseという昔の電力会社?の建物が
現在ではアート・シアターになっているところで
ストリングシンフォニーなるものをやっていたので、
これはボーイズにも面白そうなプログラムかも!思って行ってみましたよん。

スタッフのリードで、パペットをどういう風に動かしていくか、
知らない人と呼吸を合わせてパフォーマンスする機会を作り出したこのアート、
なかなか素敵でした。

最初の回では、ボーイズにもやってみるー?と聞いたけれど二人ともNo。ということで
母はやってみたかったけれど、みんなで一緒にパフォーマンスを見ることに。

幻想的な音楽と、知らない人が一緒にこの巨大パペットの頭や腕、足などを
操るのですが、大人も子供も楽しめました。
見てる方も面白いし、やっている方も面白い。

そして、このパフォーマンスが終わってから、二人とも『ぼくもやりたーい』ということだったので、運よくまたすぐにパフォーマンスが始まって、
3人で一緒にパペットの右腕部分担当をしました。

String Synphony

スタッフのリードをよく聞きながら紐を上にあげたり、下に下げたりして
巨大パペットを操るのは、なかなか非日常なことで、なかなか楽しかったです。

夜になるとこのパペットがイルミネーションになってもっときれいに見れる感じです。
こちらはイベントページから拝借しました↓

2018_StringSymphonyHero_BPHWeb_2274x1208

String Symphonyについてはこちら。

【レストランレビュー】Black Hide Steakhouse ブラックハイドステーキハウス

バレンタイン当日はドタバタしていたので、ボーイズが保育園に行っている日に
旦那がバレンタインランチをアレンジしてくれました。

どうやらステーキの美味しいところ。

Black Hide Steakhouse Restaurant | Steak Restaurant Brisbane | Restaurant Brisbane

今回はブリスベンシティのRomaストリートという駅下車。
初めてこの辺に来ましたが、いろいろレストランがありますね。

来てくれたのはカナダ人のウェイターさん。
お母さんと電話で話していたら出身のバンクーバーではすごい雪らしいって。。。
そうだよね、カナダは寒いだろうねぇ。。。

ワインリストを見ると、つくづく思いますがオーストラリアはShirazワインがずらーーっと充実していますね。

旦那とはワインをいろいろ飲んできましたが、私たちの好みも年とともに変わって
それでもヨーロッパにいるときは私はOld Worldのフレンチワインが好きだったなぁー。
それもCote Du Rhone地域のが一番のお気に入りでしたが。Pinot Noirもね。
こっちに来たからには、いろいろオーストラリアワインを発掘していかねばですね。

スターターはホタテ貝。ガーリックがいい食感でした。

メインはフィレで。

サイドディッシュはオニオンリング、アボカドサラダ、
Mushy Peasにはおしゃれなパンチェッタがついてきた。

デザートにはクレームブリュレとデザートワイン。
私の白のデザートワインはかなりこのデザートに味もマッチしてていい感じでした!

客層はビジネスマンのビジネスランチが半数、
ほかの半数はカップルでのスペシャルオケージョンという感じでした。

【お店情報】
Black Hide Steakhouse
(おお、オーストラリアの2016年度ベストステーキハウス賞も受賞しているそうです。
ほかにもいろいろ受賞しているようです。)36 Caxton Street, Petrie Terrace, Brisbane Queensland, 4000 AUSTRALIA
Tel. +61 7 3369 9500

みんな同じ

オーストラリアのブリスベンに来て思う事は、基本行動範囲が車で移動そしてショッピングセンターに向かうのですがこのショッピングセンターはただお店がたくさんあるだけでなく、地元のコミュニティーに必要な施設が入っていたりします。

というのも市役所が入っていたり、図書館や警察署など、だいたいのことはショッピングセンターに行けば大体のものは事足りるといいますか、、
ブリスベンに引っ越してからもうすぐで3か月ほど経とうとしていますが、
コチラに来て気づいたのは…。

どこのショッピングセンターも入ってるお店がほぼ同じ!!

たまに違う店舗が入っていたりしますがメジャーなショップ洋服屋さん、スーパー、だいたいどこに行っても同じものが見受けられます。

でもこれはロンドンでも同じかな。東西南北どこの地域に行ってもハイストリートに行けば、薬局の物があったり、スーパーのテスト家船滑りですかのどちらかがあったり、イギリスも国内中、基本どこ行ってもハイストリートに入っているお店は一緒ですよね。

そーゆー目で見ると、日本の方がもっと競争が激しいといいますかお店の種類も豊富な印象があります。もうちょっとたくさん強豪プレイヤーがあって良いのではないでしょうかねぇ。。。

だって、どのショッピングモールに行っても、場所が変わるだけで、中身はほとんど同じ。。
だと、ウィンドウショッピングする気力もなるなるし、なんかどのお店みようかなーって気も失せますよね。

しいて言えばショッピングセンター内駐車場がいかに停めやすいか、
何時間無料かとか(ブリスベンでは基本3時間駐車無料のところが多いのが太っ腹!だと思います。たまに2時間とかだと短いと思うし、すごいと思ったのはゴールドコーストのパシフィックフェアが5時間駐車無料というのがすごいと思った!)、
ほかの決め手はずばりフードコートかなぁ~。どれほど普通と違ったお店で、
食べ物系が充実しているとそこで差別化できますよね~。

 

こちらはゴールドコーストのパシフィックフェアーというところ。めっちゃデカい。

 

こっちはRobinaというところにあるショッピングセンター。
フードコートで差別化を図るしかない感じ。