イースターエッグとこいのぼり作り

連休最終日は前日まで天気も雨かもしれないと思い、
遠出ではなく、ローカルで遊ぼうと、ブリスベン博物館に
行ってきました。

クロックタワーの前には期間限定で、こちらの1万個の星プロジェクトが展示されていました。折り紙みたいに星が折られて、すごい数で圧倒されました。。。

その星の展示を通り過ぎて、いざCBDのど真ん中のKing George’s Square(キングスジョージスクエア)にあるブリスベン博物館へ。

へー、いろいろ展示されているなぁー。ブリスベン市の歴史について学ぶことができます。

そしてキッズアクティビティの場所は
博物館のとあるスペースで、イースターエッグの飾りつけと、
こいのぼり(Kite扱いになっていましたが)づくり。

入ったところには音楽とともに自分の影の投射で遊べるステージなどもあり
ボーイズと一緒に遊べて楽しかったです。

キラキラしたステージに自分の影が投影されて面白い。

ダディとも一緒にクラフトアクティビティ参加。

イースターエッグの飾りつけ完了。

今度はこいのぼり作り!

こいのぼりも飾り付けできましたー。

Inala,それはもうベトナム人街

噂はかねがね聞いていたけれども、先日お友達のホームステイ先の
息子さん(料理番組出演経験あり)にもすすめられていたエリア、Inalaというところに
行ってきました。
どうやらInala Plazaというところが大きなショッピングセンターに
なっていて、そこに行ってみましたが、うーん、中は別にいたって普通のショッピングセンターに見えるけどなぁ…?とがっくりしていると、そうだ、図書館があったから本を返そうということで
ショッピングセンタービルを外に抜けるとそこには!!

あったーーーーベトナム人街っぽい店が~!

この日、なぜか携帯を車の中に忘れてしまったので
写真がとれなかったのですが、こちらのページからお借りしました。

Fruit and vegetables outside Duong Dong in Inala.

もうお店の名前や商品の表記もベトナム語だったり、
そこら辺にいる人はほとんどベトナム語しゃべっているし、
なんだか飛行機に乗らずにベトナム来たみたいな感覚に陥りました…。

いやー、すごいです、このアジアンな雰囲気をいきなりショッピングセンターの外で
見た時には衝撃的でした。え、ここどこ?って感じで。。。

あのアジアの活気あふれるマーケットがそこに~。

そして普通のスーパーでは見かけないアジアのエキゾチックなフルーツが
並んでいたり、もーそれは大興奮でした。

中でも一番お買い得だったのは、フレッシュハーブ!

普通はだいたい3ドルくらいするコリアンダー(香草)も、1.50ドル!

あと、最近気づいたのですがこのベトナム料理屋さんでフォーを食べるときに出てくる
紫色のシソ!これって日本のシソにかなり近い味なんです!!

つい先日、日本食材のFUJIマートで5枚2ドルで購入したのですが、
こちらはこのBunch(房)で、1.50ドル!!
よりどり1.50ドルのフレッシュハーブがお買い得でおすすめです!!

Vietnamese Basil

これでいろいろと早速お料理に使いましたよ♪

シソ納豆そうめん→冷やしそうめんに納豆、シソ、梅肉、海苔をかけ、梅シソポン酢をかける手抜きおひとり様ランチ!

とりささみのシソ・チーズ巻き→とりのささみをたたいて、薄く広げて、2枚のささみの間にシソとモッツァレラチーズを挟み、パン粉を付けてフライパンできつね色になるまで焼きます。家族にも好評でした!

ということで皆さんもInalaの近くに来ることがあればぜひ
シソ代用可能なハーブがおすすめです~。

 

【レストランレビュー】Black Hide Steakhouse ブラックハイドステーキハウス

バレンタイン当日はドタバタしていたので、ボーイズが保育園に行っている日に
旦那がバレンタインランチをアレンジしてくれました。

どうやらステーキの美味しいところ。

Black Hide Steakhouse Restaurant | Steak Restaurant Brisbane | Restaurant Brisbane

今回はブリスベンシティのRomaストリートという駅下車。
初めてこの辺に来ましたが、いろいろレストランがありますね。

来てくれたのはカナダ人のウェイターさん。
お母さんと電話で話していたら出身のバンクーバーではすごい雪らしいって。。。
そうだよね、カナダは寒いだろうねぇ。。。

ワインリストを見ると、つくづく思いますがオーストラリアはShirazワインがずらーーっと充実していますね。

旦那とはワインをいろいろ飲んできましたが、私たちの好みも年とともに変わって
それでもヨーロッパにいるときは私はOld Worldのフレンチワインが好きだったなぁー。
それもCote Du Rhone地域のが一番のお気に入りでしたが。Pinot Noirもね。
こっちに来たからには、いろいろオーストラリアワインを発掘していかねばですね。

スターターはホタテ貝。ガーリックがいい食感でした。

メインはフィレで。

サイドディッシュはオニオンリング、アボカドサラダ、
Mushy Peasにはおしゃれなパンチェッタがついてきた。

デザートにはクレームブリュレとデザートワイン。
私の白のデザートワインはかなりこのデザートに味もマッチしてていい感じでした!

客層はビジネスマンのビジネスランチが半数、
ほかの半数はカップルでのスペシャルオケージョンという感じでした。

【お店情報】
Black Hide Steakhouse
(おお、オーストラリアの2016年度ベストステーキハウス賞も受賞しているそうです。
ほかにもいろいろ受賞しているようです。)36 Caxton Street, Petrie Terrace, Brisbane Queensland, 4000 AUSTRALIA
Tel. +61 7 3369 9500

GOMAで草間彌生展見に行ったよ

ロンドンでもやっていたみたいだったけど、行けずじまいだった草間彌生展、
先日偶然にも行くことができましたーーー!

今日こそはダブルバギーで出かけよう!と思い、車で最寄り駅に乗り付けてから久々にバギーで出かけました。

車だと荷物がいっぱいあっても移動が楽ですが、やっぱり3人分のお弁当、プラスこっちだと
暑いので保冷剤と、水分補給にウォーターボトル3本、おやつ、ビーチ行くなら水着とタオルも…となると、すげーーーー荷物。。。ぜぇぜぇ。

バギーの後ろに荷物入れバッグをひっかけてあるんですが、
ボーイズが乗っていないと、後ろのほうが重すぎて、
たまに押さえていないと電車に揺れてバーン!と転倒する可能性もあるし、目が離せない…。
(あのベビーカー転倒バーンって、荷物が散らばるし、恥ずかしいし、体験した人ならこの恥ずかしさわかるはず。。。苦笑)

とにかくサウスバンクに行けたらいいわ、と思い、バギーで試しに行って見ました、やっぱり楽しかったです。サウスバンクは遊ぶところがいろいろあって楽しいねぇ。

この日はまずサウスバンクに無事に行ければいいわー。
という目標設定でしたが、ボーイズも水遊びを楽しんで、
ランチも食べつつ、さぁ、せっかくバギー出来たから、スムーズに寝てくれるかな、と、Aはうまくねてくれたものの、Rが全く寝たくなくて歩きたいと言い出す。

えー、寝ないのぉー。(二人同時に寝てくれないとさー、中途半端なんですが。。。)

二人同時寝かせは赤ちゃんの頃から双子育児にとっては職人技・アートのようなもので、
同時に寝ないと自分が辛くなるので、どうにか頑張って、どうにかして二人同時に寝かせる技をいろいろ駆使してこれまでやってきたわけですが。。。これはほっといても二人同時に寝てくれないわけなんですよ、あとのルーティンに響くわけなんですよ…。

Rが寝てくれないものだから、しかなたいなぁ、今日は行く予定なかったけどずっと行きたかったGOMAの草間彌生展行ってみたいなぁー…まず1)無事に目的地にたどり着けるか不明だけど 2)Rがおとなしく展示みれるかな? と不安でしたがとりあえず
ほかにネタがないので、行ってみっか!と向かいました。

ちゃんとランチも食べてくれたおかげか、お腹すいたーとも騒がず、
目的地までたどり着いたら、なんと行列~。
ほかのブログで見た限り、その人は1時間くらい待ったらしいけど、
この行列、まだいい方だよね?ってかほかにネタないから、並んでみるしかない…。

Rに『ねーねー、ここでさ、ちゃんと静かに順番来るまで待てる?』と聞くと、
『うん!』というもんだから、とりあえず待ってみた。。。こと約30分。

意外にちゃんと待てて良かった。。。Aがいたらこれはこれでぎゃははと遊び始めたり
走り回ったり、喧嘩したりしてたかもしれないけれど、横でちゃんと
待てたのは偉かったぞ!マミーもうれしい!!

そして、展示の写真をちらほらとブログやインスタで見てたものの、どんなのかは
全く想像もつかず、警備員らしき美術館の人に、水があるので、ちゃんと
ベビーカー乗せてくださいね、といわれ、どんなんだろー!と期待ワクワク。

そして30分ならんで、30秒ここのわぁぁーーー☆という世界に入ることができました。

30秒ってあっという間ね。
写真撮ってたらもっとあっという間ね。

自分たちだけの世界に入って楽しんでいたら、はい、時間切れでーーーーす。
と現実に引き戻されました。

人生もこんな感じだろうな

本当に毎日、毎秒を感謝して生きないと、
ある日突然、はい、あなたの人生時間切れーと、バタンとドアが開いて終わってしまって、
本人は『えーーーー!もう終わり~!?もうちょっといたいんだけどーーーー!!』って感じになるんだろうな。。。

そういう風に、あっという間に時間を忘れるほど幻想的で、
非日常なわぁぁぁ☆という瞬間を芸術を通して見せてくれた草間彌生に感謝。

そして、この並んでいた展示だけかと思ったらほかにもキッズフレンドリーな
展示がいっぱいあって、ボーイズもかなり楽しめました。

このお部屋ではもらった水玉シールをあらゆるところに張れるという。。。
子供も大人も楽しかった。。。

ボーイズ抱っこしたりで、私は自分で写真はとれなかったけど、展示の中で一番好きだったのはこれかな~。ほかの人のインスタを拝借して↓

@mashie42 @spagetti42

A post shared by Steven Lascelles (@flamingdrongo) on

ボーイズは顔を出すたびにハローーー!っていうもんだから、
ほかの人もハローって返してくれたり、こういうアートを通して
ほかの人とつながったり、その一部となったり、それを芸術・アイディアとして
提供するアーティストの人ってすごいなー。とこの年になって新しい見方ができました。