【レストランレビュー】Black Hide Steakhouse ブラックハイドステーキハウス

バレンタイン当日はドタバタしていたので、ボーイズが保育園に行っている日に
旦那がバレンタインランチをアレンジしてくれました。

どうやらステーキの美味しいところ。

Black Hide Steakhouse Restaurant | Steak Restaurant Brisbane | Restaurant Brisbane

今回はブリスベンシティのRomaストリートという駅下車。
初めてこの辺に来ましたが、いろいろレストランがありますね。

来てくれたのはカナダ人のウェイターさん。
お母さんと電話で話していたら出身のバンクーバーではすごい雪らしいって。。。
そうだよね、カナダは寒いだろうねぇ。。。

ワインリストを見ると、つくづく思いますがオーストラリアはShirazワインがずらーーっと充実していますね。

旦那とはワインをいろいろ飲んできましたが、私たちの好みも年とともに変わって
それでもヨーロッパにいるときは私はOld Worldのフレンチワインが好きだったなぁー。
それもCote Du Rhone地域のが一番のお気に入りでしたが。Pinot Noirもね。
こっちに来たからには、いろいろオーストラリアワインを発掘していかねばですね。

スターターはホタテ貝。ガーリックがいい食感でした。

メインはフィレで。

サイドディッシュはオニオンリング、アボカドサラダ、
Mushy Peasにはおしゃれなパンチェッタがついてきた。

デザートにはクレームブリュレとデザートワイン。
私の白のデザートワインはかなりこのデザートに味もマッチしてていい感じでした!

客層はビジネスマンのビジネスランチが半数、
ほかの半数はカップルでのスペシャルオケージョンという感じでした。

【お店情報】
Black Hide Steakhouse
(おお、オーストラリアの2016年度ベストステーキハウス賞も受賞しているそうです。
ほかにもいろいろ受賞しているようです。)36 Caxton Street, Petrie Terrace, Brisbane Queensland, 4000 AUSTRALIA
Tel. +61 7 3369 9500

【日本食】Sushi Kiyo

今日は旦那が週末からロンドンへ出張するので、その前にランチデートしてきました。

やっぱり日本食が食べたいよぉー。ということで、家の近くのCoorperooというサバーブにある、韓国系フュージョン回転すしレストラン、『SUSHI Kiyo』に行ってきました。

こちらで入る回転寿司は初めてでしたが、ここはなんとオール$3.50!
レストランに入っているお客さんはだいたい白人系。。。これはローカルの人にも受けそうな
普通の回転すしにはないような中身がいっぱい。。。エビシューマイや、チキンウィング、とんかつやてんぷらを乗せたお寿司など、フュージョンメニュー70%、日本人・アジア人が好きそうな本物のお寿司メニューは30%くらいというところでしょうか。

でもネタに限らず、すべてが同じ値段というのがコスパいい気もしますが。。。
だって稲荷もウニもウナギも同じ値段ってすごいよね??

お店はこんな感じ。このビレッジ自体が新しい感じでお店も新しい感じ。

そしてタブレットから直接注文できます。

手巻きとかが残念なことにチキンかつとか、もう日本人的には、
んーーー、どうかな…というメニューが多く、個人的には梅キュウリとか納豆とか欲しかったけど、そこまで日本人ターゲットしていないお寿司屋さんだろうからね。。。
あまり無理は言えませんね。。。

それでもあぶりのネタがあるのには驚き。意外にこれがまたおいしいんです、炙りサーモンとか炙りマグロとか、、、ロンドンの回転すしにはあまりなかったネタだわ。。。

炙り和牛寿司もあったりして、旦那は旦那で自分が食べたいものが選べて、
私は好きなお寿司をいちいちシェアしないで済むし、お互いエンジョイして食べられました。

Sushikiyo

ウニのネタも小ぶりでしたが、ちゃんと二貫あって、
これが玉子とも同じ金額って、すごいな。。。

Sushi kiyo
292 Old Cleveland Rd, Coorperoo, 4152

 

GOMAで草間彌生展見に行ったよ

ロンドンでもやっていたみたいだったけど、行けずじまいだった草間彌生展、
先日偶然にも行くことができましたーーー!

今日こそはダブルバギーで出かけよう!と思い、車で最寄り駅に乗り付けてから久々にバギーで出かけました。

車だと荷物がいっぱいあっても移動が楽ですが、やっぱり3人分のお弁当、プラスこっちだと
暑いので保冷剤と、水分補給にウォーターボトル3本、おやつ、ビーチ行くなら水着とタオルも…となると、すげーーーー荷物。。。ぜぇぜぇ。

バギーの後ろに荷物入れバッグをひっかけてあるんですが、
ボーイズが乗っていないと、後ろのほうが重すぎて、
たまに押さえていないと電車に揺れてバーン!と転倒する可能性もあるし、目が離せない…。
(あのベビーカー転倒バーンって、荷物が散らばるし、恥ずかしいし、体験した人ならこの恥ずかしさわかるはず。。。苦笑)

とにかくサウスバンクに行けたらいいわ、と思い、バギーで試しに行って見ました、やっぱり楽しかったです。サウスバンクは遊ぶところがいろいろあって楽しいねぇ。

この日はまずサウスバンクに無事に行ければいいわー。
という目標設定でしたが、ボーイズも水遊びを楽しんで、
ランチも食べつつ、さぁ、せっかくバギー出来たから、スムーズに寝てくれるかな、と、Aはうまくねてくれたものの、Rが全く寝たくなくて歩きたいと言い出す。

えー、寝ないのぉー。(二人同時に寝てくれないとさー、中途半端なんですが。。。)

二人同時寝かせは赤ちゃんの頃から双子育児にとっては職人技・アートのようなもので、
同時に寝ないと自分が辛くなるので、どうにか頑張って、どうにかして二人同時に寝かせる技をいろいろ駆使してこれまでやってきたわけですが。。。これはほっといても二人同時に寝てくれないわけなんですよ、あとのルーティンに響くわけなんですよ…。

Rが寝てくれないものだから、しかなたいなぁ、今日は行く予定なかったけどずっと行きたかったGOMAの草間彌生展行ってみたいなぁー…まず1)無事に目的地にたどり着けるか不明だけど 2)Rがおとなしく展示みれるかな? と不安でしたがとりあえず
ほかにネタがないので、行ってみっか!と向かいました。

ちゃんとランチも食べてくれたおかげか、お腹すいたーとも騒がず、
目的地までたどり着いたら、なんと行列~。
ほかのブログで見た限り、その人は1時間くらい待ったらしいけど、
この行列、まだいい方だよね?ってかほかにネタないから、並んでみるしかない…。

Rに『ねーねー、ここでさ、ちゃんと静かに順番来るまで待てる?』と聞くと、
『うん!』というもんだから、とりあえず待ってみた。。。こと約30分。

意外にちゃんと待てて良かった。。。Aがいたらこれはこれでぎゃははと遊び始めたり
走り回ったり、喧嘩したりしてたかもしれないけれど、横でちゃんと
待てたのは偉かったぞ!マミーもうれしい!!

そして、展示の写真をちらほらとブログやインスタで見てたものの、どんなのかは
全く想像もつかず、警備員らしき美術館の人に、水があるので、ちゃんと
ベビーカー乗せてくださいね、といわれ、どんなんだろー!と期待ワクワク。

そして30分ならんで、30秒ここのわぁぁーーー☆という世界に入ることができました。

30秒ってあっという間ね。
写真撮ってたらもっとあっという間ね。

自分たちだけの世界に入って楽しんでいたら、はい、時間切れでーーーーす。
と現実に引き戻されました。

人生もこんな感じだろうな

本当に毎日、毎秒を感謝して生きないと、
ある日突然、はい、あなたの人生時間切れーと、バタンとドアが開いて終わってしまって、
本人は『えーーーー!もう終わり~!?もうちょっといたいんだけどーーーー!!』って感じになるんだろうな。。。

そういう風に、あっという間に時間を忘れるほど幻想的で、
非日常なわぁぁぁ☆という瞬間を芸術を通して見せてくれた草間彌生に感謝。

そして、この並んでいた展示だけかと思ったらほかにもキッズフレンドリーな
展示がいっぱいあって、ボーイズもかなり楽しめました。

このお部屋ではもらった水玉シールをあらゆるところに張れるという。。。
子供も大人も楽しかった。。。

ボーイズ抱っこしたりで、私は自分で写真はとれなかったけど、展示の中で一番好きだったのはこれかな~。ほかの人のインスタを拝借して↓

@mashie42 @spagetti42

A post shared by Steven Lascelles (@flamingdrongo) on

ボーイズは顔を出すたびにハローーー!っていうもんだから、
ほかの人もハローって返してくれたり、こういうアートを通して
ほかの人とつながったり、その一部となったり、それを芸術・アイディアとして
提供するアーティストの人ってすごいなー。とこの年になって新しい見方ができました。

ダブルバギーと私

ロンドンからの船便が届いてから、しばらくして今日やっと
勇気を出してダブルバギーを箱から取り出しました。
(いや、まぁ特に出さなくても不便でなくなったので。。。)

※ちなみにオーストラリア英語ではBuggyではなく、Pramを使うらしいです。Buggyだと、日本と同じくあのゴルフのバギーだと思われてしまうそうで。。。日本だとベビーカーと呼ぶのが主流かな、使う子供の年齢にもよるのかもしれないけど。。。もうベビーじゃないしね。。

このダブルバギーは、私の戦友とも言えるくらい、ボーイズが6か月くらいの時から、
このロンドンを引っ越すまでの2年半、毎日を共にしてきました。
いろんな所へ一緒に行ったなぁ~。(遠い目)

1日たりとも使わなかった日はほぼなかったかも。
ボーイズとの楽しい日も、二人同時泣きも、二人昼寝も、
あらゆる時間を一緒に過ごしてきました。
そして写真という写真にもボーイズと一緒に写っているし。
本当にお世話になったなぁ、この双子バギーには。。。

身の回りのアイテムで、こんなにも自分と一緒の時間、
そして喜怒哀楽を共にした所有アイテムはほかに思いつきません。

少し前までは赤ちゃん時代のNappy bag(おむつバッグ)も
かなり持ち物リストの中では重要度ランクが高く、必須アイテムの一つとして輝いておりましたが、おむつも外れた今、もうだいぶ携帯する荷物も減ってきましたが。。。
Nappy bagとおさらばするときも、ちょっとしんみりだったかな…。

母親として、ほぼ毎日自分の仕事道具の一つではありますが、
仕事しているPCにこんなに感情移入できるかといえばそうでもないし…。

なのでこの荷物の中からダブルバギーを開けた時すでに3ヶ月くらい見ていなかったので、
なんだかロンドンの頃の懐かしい毎日を思い起こさせて胸がキュンとなりました。

今日は久々にバギーで電車に乗って、という移動手段をとってシティに行きました。

ボーイズが最初に生まれた頃はiCandyの上下タイプのダブルバギーでしたが、
だんだん二人が大きくなってきて、6か月くらいあたりから、上下だと、バギーの下の子
を入れるのに、かなり腰に来るということと、ちょっと景色が悪くて
フェアじゃないかな、ということで場所はガーンと取りますが、こちらの横型ベビーカーにしました。こちらのバギーは自分の念入りなリサーチを経て購入した、大満足のダブルバギーです。双子にも年子にも、年の違う兄弟にも、本当に片手で操作できて、すごく使いやすいバギーでおすすめです。(前にもブログでこのバギーおすすめの記事を書いておりますが。)

さて、ロンドンとブリスベンでは生活スタイルが違うので、こちらに来てからは車メインの生活のため、大体買い物に行くにしてもショッピングモールでダブルのショッピングカートがあるため、大体はバギーなしでの行動で事足りていました。基本子供のほうが歩きたがるけど、それでもスーパーやショッピングセンターで二人を同時に野放しする時の疲労度は半端ない…。

あー、それにしても、あの毎日ロンドンでこのダブルバギーで家の近所を歩いたり、家からバスを乗り継いだり、Overground に乗ったりの日々がもう遠い昔みたいだ。

ボーイズもまだ昼寝をするため、保育園以外の日はだいたい外でお弁当・ランチを食べて、少しして車で運転して家に戻ればくてっと寝てくれるのですが、最近は来た当初に比べてそれほど簡単には寝てくれなくなったりしましたが。。。

でもこちらに来て早いものでもう2ヶ月、バギーなしの生活にも慣れたせいか、車+バギーの移動が辛い、、、

何がつらいかって…↓

1)バギーをいちいち折りたたんで、トランクに入れるのが面倒。重い。(ロンドンではほぼバギーで歩いてどこかに、というのが主だったため。)

2)バギーメインで移動するにはブリスベンCBD(センター)に行かねばならないのだけれど、結局そこまで行く電車に乗る前に、車で駅に向かわなければならないので、往復合計2回バギーの乗り下ろしがあって面倒。

3)車だけの時は重さやかさばるものなど特に気にしなくてよかったけれど、バギーの移動の時でも大丈夫なようにいちいち持ち物の加減を考えなければならない。

 

といったところでしょうか…。

これが、家から駅まで歩けるとかいう感じであれば、バギーオンリーでも不便はないかもしれませんが、今住んでいるところは思い切り住宅地、車がないと、なかなか不便なところにあります。最寄りも便利なバス停がないみたいだし、こちらに来てからはいまだにバスに乗ったことはありません…。

ということで、久々に今日はダブルバギーで出かけましたが、
あーーー、いつの間にか車移動主体の生活に慣れてしまったなぁ…というのを実感。

もうそろそろこのバギーともお別れの時が来るのでしょうね~。いつの日か。。。。