【ブリスベンのサルサ情報】 CLUB 50/50 ラテンパーティ

さて、このところネットで日本語と英語でいろいろサルサ情報を調べてきた私ですが、
見つけたところが、家から車で10分ほどのところにあるロケーションでの
ダンスパーティーでした。

この日はハリウッドのテーマだと言うのでレセプションの女の子が
スーパーウーマンの格好で迎えてくれました。

まだ時間も早かったので、来ている人はみな椅子に座って待っている感じでしたが
それにしてもエアコンがすごく効いていて、おおー!寒い!くらい。

最初に入ったルームで座ってとりあえず隣の子と話をしていると、
どうやらこちらのお部屋はズークの部屋。あ、本当だ。ズークルーム夢って書いてあった…。

サルサはどこかなぁ、と聞くとお隣のやや小さめの部屋にサルサルームとバチャータルームがありました。

ぬぬ、バチャータと部屋をシェアとは。サルサは主流では無いのかな?

不安になりつつも、しばらくお隣の人に話をしていると、
バチャータレッスンが始まることになりました。

久々のダンスレッスン。意外にも男性陣の方が多く目につきました。
ロンドンにいた時は女性の方がいつも多くて、
男性陣のほうが少なかった印象がありますが。

と言うわけで久々のバチャータのビギナークラスに参加。
あまりバチャータのステップは習った記憶がないけれど、
とりあえず基本ステップはサルサで知っているのでどうにかなるだろうと言うことでやってみましたが、どうにかなることができてよかったです。(笑)

レッスンが終わった後はフリータイムの始まり。最初の曲がサルサだった気がしますが、
踊っているうちに昔のステップをすぐに思い出すことができました。

いちど昔体が覚えた事は何年も日経った後でも覚えているものなんですね。
わが体ながら、でかしたぞ!

ただスタミナは若い時のようにはついていっていませんが…。

というわけで久しぶりのサルサでしたが、
みっちり2時間ちょっとほど踊ってゼーハーいいながら楽しく踊れました。

あーーー、やっぱりサルサって楽しいな~~♡

昔、サルサを始めたのは、バンコクを離れる時、MBAの同級生と一緒に
サルサバーで美しいダンスを目の前にして、そんな素敵なダンスにすぐに魅了され、
ダンス経験ゼロの私が、サルサ場で踊れるようになるまで。。。
ロンドンのサルサ場で磨かれ!?素敵なお友達にもであったり、本当に私の青春だった~☆

あまりに懐かしいので、興味のある方は私のバンコク時代のサルサ熱ブログを
みたいかたはこちらからどうぞ。

さて、こちらのイベント、ショットゼリーやらおつまみのソーセージやら、ケーキやら、
オーガナイザーがオファーしてくれて、なかなかよくオーガナイズされた
イベントで大満足でした。

それにしても老若男女、スタイルいい人もそうでない人も、本当にいろ~んんな人が
こんな風に楽しめるサルサって素晴らしいな~。

言葉を話さないで、踊りを通して人とコミュニケートできるところが本当に醍醐味です。

 

連休の最終日に街に出たら、、

月曜日が祝日で3連休になると言うことを忘れていた我が家ですが、
金曜日からどうもボーイズが風邪をひいて土日とも鼻がずるずるいっていたので
二日間ほど、家にこもって過ごしていました。

最終日はさすがに私が外に出たくなり、
ボーイズの風邪の様子もやや落ち着いて来たので、
誰かマミーと一緒に外行く人ー☆とに聞くと
誰も私と一緒に外に出たがらなかったので(悲)、
母は1人寂しく街に繰り出すことにしました。

まぁ祝日だし、いつも混んでいる街もきっと空いていることでしょうと言うことで、
最寄りのフェリーターミナルまで車で運転してフェリーに乗って街に行きました。

街に向かうフェリーからの眺め。今日はあいにくのどんより曇り空。

案の定、道路も街中も祝日のため、いつもより人が少なく、しかしながら気づいたのは

なんも店がやってないじゃないかー‼️

そう、せっかくデパートに入っても、
ほとんどのお店が閉店しており、営業しているのは大体カフェやレストランばかり。
もしくはお土産屋さん。

なにこれ〜‼️

ここの街 (ブリスベン)が祝日になるとデパートなどが
お休みだと言うことをすっかり忘れていた私。

シティのど真ん中のデパート、マイヤーセンター内もご覧の通り。カフェやファーストフード系はバスターミナルと直結しているので、営業していましたが…。

ロンドン生活や東京生活からすると、休みの日こそが人手が多くて
盛り上がる?のに、まぁこの日はLabour’s Day(勤労感謝の日)なので、
働く人を大事にしようと言うことで?お休みだと言うのもわかる気がしますが…。
ほかの州はどうだかわかりませんが、少なくともQLDのブリスベンでは
祝日によってはお店が休みなところがあり、たまに祝日でも空いているときもあるし、
その祝日タイプ?によるのかな?とりあえずグーグルで営業時間を確認して
向かった方が無難かな。

ということで私は1人、てくてくと観光客になって街を歩いてきました。
いつもはボーイズと一緒だと入れなさそうなお店に入ったり、
ランチは1人回転寿司に入って好きなネタだけを食べたりと、
充実した数時間を過ごすことができました。

こちらのお店はすべてが一律3.5ドル。

こちらは日本人スタッフも結構働いていたお店。食べたい分だけ食べられるし、一人でも入りやすいですね。

タブレットでの回転すし注文は本当にいいですね。
しかも自分がオーダーした内容も把握できるし、
何注文したっけ~?となっても確認できるし、
その注文したもののステータスも確認できるのもイイですね♪

メニュー言語も英語のほかに、日本語・韓国語・中国語となっていて、ホント、
今の時代、こういうのは本当に便利になりましたね。
(すくなくともロンドンにはこういうのはまだ少なかった気が…)

sushiedo

それにしてもデパートが祝日に営業していないのは残念。
連休もショッピングとか計画的にしないといけないよね。
そんな感じなので、連休はやっぱりどこか公園や遠出をするのに限りますな。

【お店情報】
SUSHI EDO
Ground Floor, 153 Elizabeth Street, Brisbane 4000
Tel: 07 3210 1324
Trading Hours: 11:00- 9:30 Monday to Sunday

朝から夕食準備→ラムキャセロール

旦那は昨日は久々に友達と二人で男子飲みに出かけました。
午後半休だったので、午後から行ったにもかかわらず、
夜中帰宅!しかも、友達のUBERのアプリが作動しなかったとかで、
仲の良い友達だったので、旦那が彼の分のUBERを予約してあげたとのこと。
(方角が違うので、一緒に帰れなかった)

そしたらなんと予約してあげたため、あたりまえ?ですが、
自分の分のUBERをもう一度予約したら、『現在乗車中』みたいなのが
表示され、そのUBERが友達宅に到着するまではUber予約できず。。

しかも飲んでいたのがFortitude Valleyのあたりで、
金曜日夜はナイトアウトで出かける人も多く、
寝ている私に電話かけてきて、『遅くなってるけど、これから帰るから~。そして今UBER予約できなくなっててさー』って電話してきた。

子供に起こされるならまだしも、ナイトアウト行っといて、
夜中に私を起こすとはーーー!!きーーっ。

ま、そんな感じで、今日も半日まだゆっくり回復中の旦那ですが、
代わりに今日は私が夜、サルサパーティに出かける番♡ワクワク。

多分久しぶりすぎて、今夜は様子見しようと思うけれど、
ブリスベンのサルサシーンはどんなんだろうなぁー。

私はLAスタイルのOn 2を習ってきたのですが、なんかキューバンもポピュラーみたいだし、
どんな感じなんだろう。久々に踊れるかなぁ。。。

なので、今日は朝からドーンとOne pot料理、ラムキャセロールを作って
ディナーの準備も万端で、夜出かけられまーす。

トマトベースに野菜が盛りだくさん。
玉ねぎ、にんじん、セロリ、カリフラワーとベーコンとラム。ローズマリーも入れて。

Lamb Casserole

 

 

 

 

 

【双子育児】3歳4か月まとめ

こんにちは。

今日は双子育児ネタで行きたいと思います。

早いものでボーイズも3歳4か月。最近はこんな感じです。

【頑張りましたね】

☆ 日本語も英語も結構複雑な文章を話せるようになった。
☆ 数字を数えること、アルファベットの読みが上達した。
☆ 二人である程度長い時間自分たちで遊んでくれるようになった。
☆ 取っ組み合い?引っかいたり、ぶったり、のけんかは少なくなった。
☆ だいぶまとまって寝てくれるようになった。
☆ 物事の理解が前に比べて良くなった。→そのため、会話が面白くなってきた。
☆ 車での移動に慣れてきた。
☆ 二人で分け合うことが上手にできるようになってきた。
☆ 順番を待つことも上手にできるようになってきた。

【もっと頑張りましょう】

★ Aに限っては、最近ランチもディナーも前に比べてあまり食べない。
★ Rは相変わらず野菜を食べない。
★ いちいち家を出る→車に乗る、のステージが時間がかかる。
★ 文句を言う内容が、これまで同様理解不能。いちいち細かい。
★ やめて、といってもやめない。やるな、ということをやる。(これはいつの年になってもそうなのかもしれないけど…)

なんかいろんなことができるようになって、本当に子供の1年というのは
成長がまだまだ目まぐるしいですね。

↓この日も作ったランチほぼ完食とは程遠く…涙。
母の作ったお弁当、ちゃんと食べてほしいなぁ~。